【週刊少年ジャンプ】デジタル版無料公開でコロナに負けない気持ちを!

週刊少年ジャンプがデジタル版を無料公開し、新型コロナウイルスによる影響で”外出困難な読者向けになれば”との思いで発信された。

なかなかの大手を切った今回の書籍会社の行動。

どのような利便性に優れているのでしょうか。

スポンサーリンク




●週刊少年ジャンプが無料で読める?!

引用:https://www.shonenjump.com

「週刊少年ジャンプ」(集英社)が2020年3月2日、Twitterで3月2日正午から3月31日23時まで、2020年1号~13号を揃えて無料で公開することを発表した。

公開先は集英社の漫画アプリ「少年ジャンプ+」と、総合電子書店「ゼブラック」と2つのサイトからアクセスすることを可能とした。こちらは、スマホ、タブレット、パソコン、どのデバイスからでも読める。

ジャンプ編集部は、無料公開について「子供たちはじめ外出が難しい方々に『週刊少年ジャンプ・デジタル版』を楽しんで頂ければと思います」とコメントしている。

全ての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校は新型コロナウイルスへの感染対策として3月2日から臨時休校を行うよう政府から要請されていることを受け、今回の無料公開に踏み入った集英社。集英社広報部によると、休校により自宅待機をしている児童生徒を含めて外出が困難な人々に向けた公開だという。

少年ジャンプはこれまでにも、災害などに合わせて無料公開を行ってきたことがある。

2011年3月の東日本大震災の際には14日発売の15号を、2018年7月の西日本豪雨の際には9日発売の32号を、一部地域への配送に支障があったことを理由にウェブ上で公開していた。

今回のように13冊に及ぶ冊数の同時無料公開は初めての試みである。

●少年ジャンプ+とは?

引用:https://www.shonenjump.com

ジャンプLIVEの後継となる形で集英社から配信されている、電子書籍配信サイト・及びスマートフォンアプリである。

話題の新作、往年の名作、アプリだけのオリジナル(ジャンプ+限定無料連載)など、様々なマンガを楽しめる少年ジャンプ公式アプリ。人気作品が毎日更新されている。


スポンサーリンク




●ゼブラックとは?

引用:https://zebrack-comic.com

集英社の総合電子書店。各作品に付与されるチケットで、23時間ごとに無料で読み進められます。マンガだけでなく、ノベルの配信もあり。

●話題の鬼滅の刃も!

引用:https://kimetsu.com

人と鬼の戦いを描くジャンプの連載漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」が、ヒットの枠を超えた社会現象となっている。

ベストセラーランキングで「ONE PIECE」を差し置き、ネット上でも圧倒的な話題になった。ジャンプ漫画によく言われる「友情・努力・勝利」に代わる優しいキーワードが注目を集めている。

今やAmazonプライムやYouTube、Netflixなど、オンラインアニメ視聴でも定番となった鬼滅旋風。

2020年、映画が公開されることが決定している。

今回の少年ジャンプデジタル版無料公開で読めることに伴い、さらなる人気・注目のまととなりそうだ。


スポンサーリンク




●まとめ

いずれにせよ週刊少年ジャンプの社会貢献は好印象であり、とても心温まる対応であった。

コンビニエンスストアで立ち読みする人の数も一旦は減少しそうですね。(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする