【確定申告】スマホで行う際に気を付けておくべきこと

昨年からスマホ(スマートフォン)での確定申告が可能となった今。

昨年から確定申告書の作成と提出までが対応
しかし、作成する確定申告書の内容や提出方法によってスマホでできるかどうかが変わってくる。

スマホの確定申告について詳しく解説!

スポンサーリンク



●スマホ確定申告とは

まずこれまでの確定申告といえば、作成した確定申告書を提出するにあたって、

  • 紙で郵送する
  • 税務署へ直接持って行く
  • インターネット上で電子申告する

などといった方法がありました。

しかし、電子申告するにはマイナンバーカードを取得し、ICカードリーダを買いに出向いて…。となると、なかなかの手間になりますよね。

そこで、昨年からは税務署へ行き、ID・パスワードを発行してもらえば、マイナンバーカードとICカードリーダなしでも、インターネット上で作成から提出まで行うことが可能となった。

税務署へ行くという点では未だ面倒はあるが、それだけでも利便性がよくなったのは間違えない。

上記の通り、これまでスマホから操作を行えるのは所得税の支払いのみであったが、2019年からは確定申告書の作成と提出まで対応可能となった。

e-Tax利用の流れ

引用:https://www.e-tax.nta.go.jp

  1. 確定申告書類を「作成」するためには、会計ソフトもしくは国税庁の確定申告書等作成コーナー」(e-Tax)を利用。
  2. 作成した確定申告書をスマホから「提出」までできるのは「確定申告書等作成コーナー」(e-Tax)のみである。

2018年までは、スマホから提出はできなかったが、2019年から対応。画面も見やすくなったと高評価を得ている。

しかし、確定申告をする全ての人がスマホで「提出」まで可能なわけではなく、いくつか条件を満たしていることが必要である。

●利用条件

どのスマホ機種からも「確定申告書作成コーナー」アクセスは可能だが、前述したように利用できる人には条件がある。

その条件とは、給与以外の収入が一切ないこと。つまり副収入が一切ない会社員でなければ利用ができない。

その他にも、

  • 複数の会社から収入がある方(源泉徴収票が2枚以上ある)
  • 個人事業主やフリーランスの方
  • 勤務先で年末調整が済んでいない、行っていない方
  • 生命保険や国民年金、健康保険料控除を利用したい
  • 医療費控除・寄付控除を利用されていない

などのケースに当てはまる場合は、スマホからの確定申告はできない。そのため、パソコンから「確定申告書等作成コーナー」にアクセスし、確定申告書を作成する必要がある。

スポンサーリンク




●スマホで確定申告する際の期日

確定申告書を税務署に提出した後は、所得税を3月15日までに支払う必要がある。2020年は3月15日が日曜日のため、翌16日が納付期限となる。

〈主な国税の納付期限〉

  • 所得税及び復興特別所得税:2020年3月16日(月)
  • 個人事業主の消費税及び地方消費税:2020年3月31日(火)
  • 贈与税:2020年3月16日(月)

〈支払い方法〉

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • クレジットカード
  • インターネットバンキングなどから電子納税

※現在は新型コロナウイルスの影響で期限が改良されている。

申告所得税、贈与税及び個人事業者の消費税の申告・納付期限が令和2年4月16日(木)まで延長されました(令和2年2月27日)

新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方には猶予制度があります(令和2年3月11日)

引用:http://www.e-tax.nta.go.jp

このような形の期限は自分との戦いといっても過言ではないだろう。

自分次第のものとなると人間どこかで怠けがちになりませんか?

申告や申告漏れを未然に防ぐためにも、日ごろから期日や内容を詳細に把握してインプットさせておくことが重要である。

●スマホ確定申告が向いている人

  • 個人事業主で、自分で経理業務を行いたい方
  • 会計・経理の知識がないが、簡単に書類作成を行いたい方
  • 時間がなく、できるだけ効率良く作業を進めたい方
  • 領収書の管理が苦手な方
  • 面倒な税金の計算をアプリで行いたい方

基本的には副業の傍らの処理、自営業で人件費削減もしくは信頼や時間のためのコストカットに繋げたい方に便利なようだ。

また役所までわざわざ出向かなくて良い分、足を運びにくい高齢の方にも便利ではありますが、使い方をマスターするまでに時間を費やすという難点もみられる。

スポンサーリンク




●まとめ

いかがでしたか?ただ、“スマホ”という時点でまだまだ“若者”というワードが掛け離れにくい点もある。

老若男女関係なく、且つ不正アクセスの防御が強化され、マイナンバーカードの実態が、もう少し利便化されるといいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする